保健師の転職を応援します!

保健師転職サイトでの自己PR方法



保健師の仕事は社会で欠かすことができない大切な仕事であります。 にもかかわらず、一般的には認知度が低いです。 どういった仕事をするのか――あまり知られていないです。

保健師を設置しなければならないような職場ならば、保健師の業務に熟知しているでしょう。 充分に保健師経験がある人達でも、いざ転職をする場合にどこをPRすれば良いのかわからなくなってしまうこともあるでしょう。

ここでは、保健師が転職する場合の自己PR術をご説明いたします。毎日の日常業務に追われていると、自分自身が何をしてきたのか説明したり文章化することができにくいことがあるかもしれません。

保健師としての職歴があったとしても自己PRが明確ではなければ転職を成功することはできないでしょう。 面接対策をしたり今までの職務経歴書を作成して自己PRすることを磨きましょう。 面接官はあなたの働きぶりを知らないのです。 あなたがどれだけ仕事ができても、それを伝えなければ意味がありません。

あなたの実績だけで面接官に評価される場合もあるかもしれませんがレアケースです。 これまでどういった職務をしてきて、どんな実績を残せたのかをわかりやすく説明できる人の方が転職を成功させやすいでしょう。

転職する場合、不安を極力減らして適切な対策をとる必要があります。それには保健師専門の転職サイトの力を借りることです。 保健師転職の活動を熟知しているプロフェッショナルのアドバイスを参考にすることはとても意義があります。

「採用先の現状」「履歴書」「職務経歴書」を踏まえた上で、どこの部分を面接でアピールすれば良いか指導してくれます。 転職は失敗できないですから、そういった専任アドバイザーがいると鬼に金棒でしょう。

以上、保健師が転職する場合の自己PR術をご説明いたしました。 自分自身が口べただと認識している人は特に転職の酸いも甘いも知っている保健師専門の転職サイトを利用して自己PR術を指南してもらうことは役に立ちます。

保健師の給料はどのくらい?

保健師の仕事をするにあたって気になる方が多いのが給料です。保健師は世の中の人の健康をサポートするという医療に関わる仕事をするため、使命感なども大切な仕事になります。

ですがそうは言っても、やはり収入の高さは気になるものですし、生活していく際にも必要なものだと言えます。また、仕事に対するさらなるモチベーションのアップにも繋がります。そのため給料があなたの希望の額かどうかを確認しておくのはとても大切な事と言えます。

保健師の気になる給料ですが、平均して約450万円から500万円ほどとなっており、高い水準になっています。保健師は専門的な仕事ですが、看護師と保健師両方の資格を持っていないと保健師になる事ができません。

そのため位置付け的には看護師の上位の資格となっており、看護師の方が経験を積み、その後のステップアップとして保健師を目指す方も多いです。収入の高さは保健師の資格手当から来ており、看護師よりも高い資格手当がつく場合が多いです。

また、経験を積んでスキルがしっかりとある保健師の場合はさらに高い収入が期待できます。特に保健師になる方は女性の方が多いですが、女性は結婚や出産、育児などで仕事を途中で退職する方も多いです。

そのため長年のキャリアを積み、高い経験と実力を持った方が少ない傾向にあります。そのため、10年などの高い経験を持っている方は高収入になりやすくなり、600万円や700万円などの収入になる可能性もあります。保健師として管理職の役職に就く事もあります。

また、最近保健師で転職をする方の中で人気の職種に産業保健師と呼ばれる仕事があります。これは病院ではなく企業で保健師としての仕事を行う保健師です。

企業の中に保健師を設ける企業は規模の大きな企業である事が多く、その企業の正社員と同じ待遇で仕事をする事ができます。資格手当が付き、ボーナスもしっかりとした額が期待できるため高収入になりやすくなります。より保健師として高い収入を目指したい方は検討するのもお勧めです。

保健師は男性でも活躍できる?

保健師の仕事は男性でも女性でもなる事ができます。ですが、比較的女性の方が多く活躍しているイメージのある仕事です。保健師は看護師の資格を持っている方がなる事ができるため、元々看護師として働いていて、その後保健師になるという方も多くいます。

そのため女性の方は多い傾向にあり、男女比率でも女性の方が多くなっています。全国の保健師の男女比率は正確な数字は算出されていませんが女性の方が多い傾向にあり、その率は職場によって異なると言えます。

こうした事から男性の保健師はあまり活躍できないのでは、肩身が狭い想いをするのではと考える方もいますが、これは実際にはあまり気にする必要はなく、男性の保健師はその男性という強みを生かして仕事をしていけば良いという事になります。

保健師の仕事は特に看護師の仕事に比べると体力を使わなくて良い時も多いですが、それでも男性のように体力がある方が有利な場合もあります。保健師の方も病院などでお客様の対応をする事がありますが、そうした際に男性保健師はその強みを発揮できます。

医療機関に来る方の中には横柄な態度を取ってしまったり、精神的に不安定になっている方もいます。そうした方がいた時には男性の保健師だと動じずに対応できる事も多く、女性の保険師よりも頼りになる事があります。

また、男性の保健師は落ち着いたしっかりとした雰囲気がある方も多いため、そうした面でも来る方に安心感を与える事ができる事も多いです。もちろん女性の方も優しい雰囲気で対応できるというメリットは大きいですが、役割分担が大切という事になります。

また、職場の雰囲気が男性保健師がいる事で良い雰囲気になるという事も多くの職場で話題になる事です。保健師は女性の方が多く活躍している仕事のため、看護師や保健師が女性だけの職場だと、女性特有の空気感を作ってしまう事が多くあります。

言いたい事があるのに、その場の雰囲気を壊す可能性があるため言えないなど、ストレスを感じる方も多いですが、男性保健師がいる事で、こうした空気が改善される事が多くあります。男性ならではの役割もあるため自信を持って仕事をしていきましょう。

↑ PAGE TOP