保健師の転職を応援します!

産業保健師はどういった仕事なのでしょう

産業保健師は特定の企業や事業所で勤務する保健師です。その職場で働く社員の応急医療がメインの仕事になります。それ以外には「メンタルヘルスケア」「保健指導」「健康相談」「定期健康診断」など健康管理を行います。企業の健康管理室や医務室で産業医と協力して応急医療の仕事をします。

ここでは、産業保健師がどういった仕事をするのかを具体的にご紹介いたします。

平時には「健康に関する相談」「ストレッチ体操などの指導を含む健康支援」「生活習慣病予防や過重労働への対策」「社員の健康管理」などの仕事があります。 インフルエンザ流行時には予防接種を促す社内情報を流したり、うがい薬やマスクを配布する場合もあります。

常に社員が健康・安全に仕事ができる「健康づくり」「環境づくり」を意識しています。 常時50人以上の従業員がいる事業所や企業では産業医を選定しなければならないと法律で定められています。 しかし保健師や看護師に関する具体的な選任規定はありません。

日本産業衛生学会産業看護部会認定の産業看護師(保健師・看護師を含む)は約1,300名となっています。 社員1,000人以上の企業規模を持つ事業所では全体の9割近くが保健師・看護師を配置しています。 けれども社員300人以下の規模の事業所になると極端に少ないです。

特に大企業の社員のメンタルヘルスが健康課題になりメンタルケアが重要な役割になりつつあります。 平均すると「約2パーセントの社員が仕事に対する精神的な不安を抱えている」とされています。 最近では、潜在的なケースも含めると「約5%の社員が職場に対して何らかの悩みや不安を抱えている」と言われています。これは景気低迷や不安定雇用が影響しています。

一方、中小規模の企業では産業保健師の配置があまり浸透していません。 その結果として生活習慣病を抱える社員が多くなっています。 生活習慣病の初期段階では特に際立った自覚症状や健康障害がなく、ついつい見逃してしまいます。

生活習慣病は、日本人の3大死因である「ガン」「心臓血管疾患」「脳血管疾患」を引き起す病気です。 産業保健師がいない場合は社員が自己管理しなければなりません。 生活習慣病の改善が進まず、かなり悪化した環境にある事例も多いです。

以上のように、産業保健師は「生活習慣病」「うつ病による欠勤や休職者」「職場のストレス」「過重労働」など社員の健康課題に積極的に取り組み、労働損失を軽減する役割を担っていると言えるでしょう。

↑ PAGE TOP