保健師の転職を応援します!

看護師と保健師の仕事の違いと悩みを持つ新人保健師

私は、看護師としてこれまで4年間働いてきました。 今年の4月から公務員の市区町村保健師になりました。 ようやく自分の夢である保健師になることができて嬉しい気持ちでいっぱいでした。

働き出して半年が経ちました。 一向に保健師としての仕事にやりがいが感じられなくて悩んでいます。 最初は覚えることも多くて必死に勉強していましたから、やりがいなど気に掛けることもなかったのです。

最近になり少しずつ周りが見えるようになってきました。 「私は誰かの役に立っているのか」という疑問がフツフツと湧き出てきました。 「保健師の仕事は成果が目に見えにくい」――そういったことは理解しているつもりです。

人間関係の悪さもあります。 時間の無駄としか思えない中身のないカンファレンスにもうんざりします。 もっと訪問に出たりして、できることがたくさんあると思います。 「何のための保健師なんでしょうか?」と怒鳴りたくなります。

公務員独特の雰囲気にも馴染めません。 「看護師として臨床で仕事をしていた方が合っていたのではないか」 早くも看護師に復帰することを考えてしまいます。 夜勤業務や急変患者さまの対応はきつかったけれど、それ以上に得るものは大きかったように思います。

「もう少ししたら仕事が楽しくなるの?」とか「今の環境がおかしいと感じるのは不慣れだから?」なんて考え込んでしまいます。 このままこの保健師の環境に慣れてしまって「これが普通だ」と思うような保健師には私はなりたくないです。

私自身が率先して今の環境を変えることも大切だとは思いますが簡単にはいかないでしょう。 このままだと仕事を続けることが辛いです。

こういった悩みを持っている人は多いでしょう。 特に保健師は看護師資格がありますから看護師経験のある保健師も多いです。 私の場合は先輩保健師に「看護師は1日単位の仕事だけど保健師は1年単位だから」とアドバイスされました。

自分自身の過去を振り返っても「仕事の手応えもすぐ返ってきて目指す姿が見えやすい看護師が良かったなぁ」と感じていました。 けれども、看護師と保健師の経験年数が同じ位になって、経験を摘めばようやく<やりがいというか面白さ>がわかってきたように感じます。

↑ PAGE TOP