保健師の転職を応援します!

看護師へ戻ろうとする行政保健師へのアドバイス

ある新人行政保健師から悩みの相談を受けました。 彼女は大学卒業後5年間看護師をしていました。 しかし、まだ1年経たないのに看護師に戻ろうと考えています。

最近になって「健診」「訪問」「保健指導」など地域の保健活動の仕事に負担感を感じはじめたようです。 「仕事のやりがいを感じられない」と言います。 病院で看護師として仕事をしていたように手ごたえや達成感を感じられないので臨床に戻りたいと考えているのです。

帰宅しても保健師の勉強をすることにすごく負担感を感じるようになっているみたいです。 最近はしなければいけない勉強もほとんど手つかずなんです。 自己学習ができてませんから不慣れな保健指導も余計に大きなストレスを感じてしまいます。 保健指導が保健師の仕事なのに、逆にそれがストレスになってしまっている悪循環にはまっています。

彼女は「保健指導などよりも臨床で直接ケアなどをしているほうが向いている」と話してくれました。 「まだ新人だから仕事も慣れていないから甘えているだけかもしれない」とも感じています。 これから難しい個別ケースへの支援も行っていかなければならない――そう考えると気持ちが沈んでしまうようです。

保健師の指導範囲は広いですよね。 でも緊急性はありません。 わからない場合は後で調べて伝えることもできます。

そういった意味では、逃げの聞く部分がありますから、臨床よりは精神的負担は少ないような気がします。 看護師のようにすぐに成果は出ませんから達成感は感じらにくいのはあるでしょう。 私の場合は3年目くらいから保健師の仕事が面白くなりました。 地域住民の方からも保健師として認めてもらいやりがいを実感できたような気がしています。

個別ケースも件数をこなせばやりがいが出るでしょう。 看護師を五年もしておられたならば数年ブランクがあってもすぐに勘を取り戻せますから問題はありません。 私は彼女に「もう少し頑張ってみてはどうか? 」とアドバイスしました。

年齢が上がると保健師には戻れませんし家庭を持てばなおさらです。 家庭をもつと保健師は夜勤もなく土日も休みだからいいと思います。 けれども、どうしても自分に合わなくてストレスで体調を崩すようなら無理せず辞めたらいいでしょう。 保健師でもうつ病になって退職したり、やりがいを感じられずやめる人は意外に多いです。

↑ PAGE TOP